ワインに含まれるカロリーは高い?糖質や他のお酒とのカロリーを徹底比較

「ダイエット中にお酒を飲むと太る」という言葉を聞いたことはないでしょうか。日本酒やカクテル、ビールの様に糖質が高いお酒もあるため、飲みすぎると太る原因になりやすいのも事実。

では、ワインの場合はどうでしょうか。お酒の中でワインが一番好きな方にとって、太りやすいかどうかは気になるところです。

ここでは、ワインの種類ごとのカロリーや糖質、他のお酒とのカロリーを比較した数値について紹介を致します。

ワインに含まれるカロリーと糖質はどのくらい?

太ったお腹

まず、知っておきたいのがワインのカロリーと糖質です。ワインは、「赤」「白」「ロゼ」「スパークリング」の4種類に分類されています。

ワインは種類ごとによってカロリーと糖質も変わってきます。ワインで使われているブドウの品種によっても違いが出てくるため、平均的な目安のカロリーと糖質を表でまとめました。

ワインは大好きだけど、ダイエットに支障がでないかどうか分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

ワインの種類カロリー(100ml)糖質(100ml)
73kcal1.5g
73kcal2.0g
ロゼ77kcal4.0g
スパークリング100kcal2.0g

上記の表を見てわかる通り、カロリーはスパークリングワイン、糖質はロゼワインが高くなっています。

ワインはボトル1本に対して750ml入っているので、ボトルを1本空けると単純計算で7.5倍のカロリーと糖質を摂取することになります。

また、ワインは食事と合わせることがほとんどなので、ワインを飲む場合は食事とのカロリー計算をしておくことをおすすめします。

結論を申し上げると、ワインのカロリーと糖質は決して高くありません。しかし、ダイエット中の場合は飲みすぎると食事とのカロリーも重なり、太る原因になりかねないので注意が必要です。

ワインと他のお酒を比較

日本酒

ワインは他のお酒と比べて、カロリーや糖質は高いのでしょうか?

飲まれる機会が多い「ビール」「日本酒」「焼酎」「ウイスキー」「梅酒」のカロリーと糖質を表にまとめました。

お酒の種類カロリー糖質
ビール147kcal/350ml10.5g
日本酒170kcal/1合180ml6.5g
焼酎(ロック)146kcal/100ml0g
ウイスキー(ロック)69kcal/30ml0g
梅酒(ロック)156kcal/100ml20.7g

ビール、日本酒、梅酒の3種類は、カロリーが高めになっています。中でも梅酒は糖類を入れて作るため、糖質が高くなります。

ビールと日本酒も糖質が高めとなっています。ビールに関しては、飲む量が増える傾向が強く、日本酒はお米から作られているため、摂取カロリーと糖質量が多くなっています。

一方で焼酎とウイスキーは蒸留酒であるため、他のお酒と比べカロリーは低いです。さらに、糖質が0gなので糖質制限ダイエットをしている方におすすめといえます。

ワインは梅酒と同様に果実酒ですが、カロリーと糖質は低いです。ダイエットをしている方でウイスキーや焼酎が苦手な方は、ワインを飲んでみてはいかがでしょうか。

ワインの適量ってどのくらい?

赤ワインとロゼワイン

ワインは、他のお酒の中でもカロリーと糖質は少ない方であることが分かりました。

ただ糖質やカロリーが少ないからといって、たくさん飲んでいいわけではありません。厚生労働省は、1日の純アルコール摂取量は約20gと推奨しています。

もしレストランでワインを注文する場合は、ボトル1本からグラス6杯分と計算しています。そのため、グラス1杯125mlで提供されることがほとんどです。

125mlのワインには、約12gのアルコール量が入っています。グラスワイン1.5杯を飲むと1日の基準をほぼ満たしてしまう計算となります。

カロリーや糖質量は問題がなくても、飲みすぎてしまっては元も子もありません。適量をしっかりと考えて、お酒と上手に付き合っていきましょう。

まとめ

この記事では、ワインのカロリーと糖質について紹介を致しました。

ワインは原料にぶどうを使っている果実酒なので、カロリーと糖質が高いイメージがあります。しかし、ビールや日本酒と比べても低いことが分かります。

ダイエット中の方は、カロリーや糖質にこだわるよりも食べる料理や飲酒量に注意して、美味しいワインを楽しみましょう。

ワインとチーズの専門店フィアーノは、世界各国のワインやチーズを取り扱いしております。家庭向けやギフト商品を中心にワインとチーズの相性を考えたセット商品に力を入れております。ワインはイタリアワインを中心にチリや南アフリカなどのワインを多く取り揃えております。また、ギフトセットはご予算に合わせた組み合わせも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
 
赤ワインとロゼワイン
最新情報をチェックしよう!